PCサイトはこちら

赤川次郎さんの執筆された作品を紹介しています。


赤川次郎
角川ホラー文庫


恐怖の報酬
【発売:2004年1月】

「恐怖の報酬」 会社で、家庭で、学校で。小さな出来事をきっか…[続き]

今日の別れに
【発売:2003年1月】

もう男なんてこりごり、と思っていた。 憧れの彼から思いもかけ…[続き]

崩れる
【発売:2001年1月】

丘の上に建つ五軒の家。 孤立した住宅地で、ある朝出勤途中の住…[続き]

失われた少女
【発売:1997年8月】

雪に埋もれた別荘で、ひとりひっそりと暮らす作家・伊波伸二。 …[続き]

長い夜
【発売:1997年8月】

事業に失敗して莫大な借金を抱え、一家心中を決意した白浜家の人…[続き]

魔女たちのたそがれ
【発売:1997年8月】

津田は小さな雑貨の卸売会社に勤める28歳の独身男性。 今日は…[続き]

魔女たちの長い眠り
【発売:1997年8月】

― 人間って、本当に馬鹿だわ。 見当外れのことでわざわざ、私…[続き]


【発売:1997年6月】

突如襲った激しい大地震。 住民が「町」と呼んでいる新興住宅地…[続き]

怪奇博物館
【発売:1997年6月】

大学助教授、35歳の令子と、その助手を務める27歳の哲平は恋…[続き]

黒い森の記憶
【発売:1997年4月】

深く密生した森のはずれに一軒の山荘があり、一人の老人がひっそ…[続き]

告別
【発売:1997年4月】

深夜の山道で偶然見つけた奇妙な電話ボックス。 そこから古い友…[続き]

滅びの庭
【発売:1996年4月】

「庭…」 ―それが精神科医・大崎の最期の言葉だった。 原因不…[続き]

悪夢
【発売:1995年12月】

夢か現実か。現実の世界に非日常が入りこむ時、そこには無限の闇…[続き]

さよならをもう一度―自選恐怖小説集
【発売:1994年4月】

夕闇の教会に現れた若い女。 死を冒涜するかのような彼女の告白…[続き]

忘れな草
【発売:1993年4月】

山間の小さな町に住む高校二年の布悠子は、学校からの遺跡掘りの…[続き]


$value) { if ($param == 'client') { google_append_url($google_ad_url, $param, 'ca-mb-' . $GLOBALS['google'][$param]); } else if (strpos($param, 'color_') === 0) { google_append_color($google_ad_url, $param); } else if ((strpos($param, 'host') === 0) || (strpos($param, 'url') === 0)) { google_append_url($google_ad_url, $param, $google_scheme . $GLOBALS['google'][$param]); } else { google_append_globals($google_ad_url, $param); } } google_append_url($google_ad_url, 'dt', round(1000 * array_sum(explode(' ', microtime())))); return $google_ad_url; } $google_ad_handle = @fopen(google_get_ad_url(), 'r'); if ($google_ad_handle) { while (!feof($google_ad_handle)) { echo fread($google_ad_handle, 8192); } fclose($google_ad_handle); } ?>

HOME
友達に教える
赤川次郎の本